Menu

colorclone公式~カラークローンちゃんのシミサプリ解説サイト

colorclone公式シミサプリの効果を検証した結論とイロハ

シミサプリのイロハ~今からできるシミ対策まとめ

シミサプリを飲み始める前にシミについて詳しく知っておきましょう!

しみ、シワ。現在23歳の私には随分と縁遠いものだと思っていました。小さいころから日焼け止めや化粧水といった基礎的なお手入れにすら興味のなかった私は今では大変後悔しています。

22歳、就職活動も成功し、無事都内のメーカーに勤めることになりました。

憧れだった営業に仕事、オフィスカジュアルでバッチリ決めて、メイクも濃いめ、ネイルも派手に、そんな風に最初の1か月は働いていました。先輩、上司が開いてくれる歓迎会、残業で帰れなくて不摂生になる食生活、環境変化による睡眠不足。

朝ごはんはコーヒー、昼ご飯は定食屋さん、日差しが照り付ける中営業に駆け回り、へとへとになって帰宅し、とりあえずビールを飲んで寝てしまう、そんな生活を送っていました。
そんなある日、ふと気が付きました。「あれ、ほくろ増えた?」その時はまあほくろぐらいいいか、とまたファンデーションを厚めに塗って出勤しました。しかしどうしても気になります。なんだか整理も不調だし、下半身もぽっこり出てきた気がします…

帰宅して洗顔をし、改めてじっくりと鏡を見ると…それはまぎれもなくシミでした。右目の下に薄っすら茶色い丸い点がありました。擦ってみても、化粧水をつけても落ちません。しかも1つではありませんでした。左の頬にもあり、さらには手の甲にもたくさん散らばっていました。当時私は相当ショックでした。あまりにも衝撃的過ぎて実家の母に電話をしてしまったくらいです。

すると母には「ちゃんと化粧落として寝てる?野菜食べてる?年齢もあるけど、不摂生がよくないんだよ」と怒られてしまいました。その日はパックをして眠りましたが翌朝シミが消えていることはありませんでした。シミ、なんと心に刺さるものなのでしょう。それまで自分が無関係だと思っていた老いが着実に迫ってきていました。シミサプリを飲んでみましょう。

そこから私は野菜を積極的に食べ、飲み会を減らし、なんとしてでも化粧を落としてから寝るようにしました。できてしまったシミは消えませんがこれ以上増えないように努力しました。
食事制限、睡眠、軽い運動、営業時には日焼け止めを塗りたくってなんとか今も進行を阻止しています。すると朝の倦怠感も少なくなり、生理痛も和らいだような気がします。

まとめると、どんな女性も老いには勝つことはできませんが、シミ対策で進行を遅らせることができます。規則正しい生活、これが1番大切です。あとお手入れ、自分の肌と向き合って毎日ケアすることが大切です。

参考⇒シミ対策

朝、鏡を見るとふと気づいたことがありました。

「あれ?こんなほうれい線あったけ??」
鼻の横から口にかけてに通る境界線、これをほうれい線といいます。
実際これはしわではないのですが、20代前半くらいから目立ってくることがあります。

原因としては、
・加齢
・ストレス
・ビタミン不足
・コラーゲン不足
などがあげられます。

ここで私が原因としてあげたいのは、スマートフォンの見過ぎ、です。

現代に生きる人たちに欠かすことができなくなっているスマートフォン。

シミサプリはこういったシミにも効果的なのです。

参考⇒シミサプリ.jp

ひとたび電車に乗れば乗客の方のほとんどが下を向きながらぽちぽちといじっています。

ここに問題が!

みなさんも手鏡を持ち顔を見ながら下を向いてみてください。
恐ろしいほど老け顔に…( ゚Д゚)

下を向くことにより、頬のお肉が下へたるみほうれい線が目立つ老け顔を作っていたのです。
スマートフォンや携帯電話の普及で、長時間の使用が当たり前となりこの「老け顔」でいる時間が長くなってしまいました。
筋肉や皮膚は形状記憶をします。
なのでこの下向きのほうれい線のしわを顔が覚えてしまい、老け顔を作っていたのかもしれません。

是非、自宅にいるときや通勤帰宅時間はいつものようにスマートフォンいじらずに、そっと目をつぶり今日を頑張るまたは頑張った自分を褒めてあげる時間にしてみてください。

明日はいつもと違う自分に会えるかもしれません。

是非、シミサプリを試してみてくださいね♪

シミがあってもクリニックへ行けなくて

頬の高い部分にいくつかシミのようなものができたのは5年ほど前です。当時はまだシミなのか一時的な色素沈着なのかはっきりしたことは分かりませんでした。何となく色が変わっていてもそれが肌にできるシミなのかどうかまったく分からなかったのです・・・。

年齢から言えば顔にシミができてもおかしくありませんでした。それに私は車をよく運転するので顔の右側に紫外線を浴びることが多いのです。右ハンドルの車に乗っているので窓から入る紫外線は顔の右側に集中します。私の顔にできたシミは左側よりも右側のほうが多く色もはっきりしているのです。

積もり積もった紫外線の害が肌のシミとなって現れているのはなんとなく分かっていました。だけど車を使わない生活は考えられません・・・。田舎ではないですが車がないと不自由な地域に住んでいるので車を使わない生活はできないのです。

車を運転するときはしっかりメイクをして紫外線の影響が出ないように工夫をしています。ベースメイクはしっかりして、その分ポイントメイクは少なめ。メイクが完成したら大きめのマスクをして車の運転をしています。大きいサイズのマスクをすると目から下の部分が全て隠れます。見た目はちょっと怪しい人ですが背に腹は替えられません・・・。

きちっと紫外線対策をしているおかげか頬のシミが増えることはありません。右の頬のシミも左の頬のシミも数が増えていないのでそれには安心しています。紫外線対策を怠っていたら今頃私の頬はシミだらけになっていると思います。シミだらけの頬なんて残念なだけですからね・・・。鏡を見るのもイヤになるかもしれません。

初めは色素沈着で一時的なものだと思っていましたが、5年経った今でもシミの大きさは変わりません。少しシミの色が薄く変化した部分もあってそれは嬉しく思います。だけどそれはたまたまだと思いますし、今あるシミを消すためにはやはり美容皮膚科やクリニックへ行くしかないのでしょう・・・。よく聞くレーザー施術ですね。

レーザーを当ててシミを消す方法が1番確かです。経験したことはないけれど友人が何度か肌のシミ取りをクリニックでしました。ちょっと面倒くさいようですしお金も安くないそうで・・・。レーザー施術でシミが全くなくなれば良いですがその友人のシミはうっすらと残っているのです。だからでしょうか・・・私はまだ美容皮膚科やクリニックでシミ取り施術を受ける気持ちにならないのです。

写真を撮る際、いつもと同じ笑顔をしたはずがなのに、しわが!

友人と旅行に行った際にいろいろな場所で写真を撮りました。
あまり人物を移すことは少なく、ごはんや美しい景色、写真スポットなどものや景色がほとんどでしたが、せっかくなのでということで自分たちの写真も数枚写しました。
人物が主役というよりは景色を大きく含めての写真だったので、撮影したときは全く気にならなかったのですが、夜、旅館で写真を見返しながら何気なくアップにして自分の顔を見ていたら・・・ほうれい線と目尻の小じわがきつくなっていることに気づきました!
いつもと同じ笑顔を作ったつもりなのに、こんなことになっていたとは・・・。
家族にその変化は気づけなかったかもしれませんが、久々にあった友人たちは、自分のことを「あーだいぶ老けたな」なんて思っているのかもしれない・・・そう考えるとかなりショックでした。
その夜は某タレントさんのほうれい線消し、舌で頬の内側からほうれい線をなぞるというエクササイズをこっそりしていました。
(そんなにすぐに治るわけでもないのに、何かせずにはいられないというこの気持ち。)
それ以降の写真ではなるべくしわがでないように表情を作っていたつもりですが、明らかに前日と違う表情になっていたので、友人から見たら不自然だったかもしれません。
旅行から帰ってきたら早速しわの対策をはじめました。
目元は特にですが、しわの原因の一つは乾燥ということで、保湿をたっぷり。
夏だからといってサボっていたアイクリームをちゃんと使用し、目元の潤いをしっかりと補給するようにしました。
ほうれい線にはマッサージもするようにして、なくなれーなくなれーと願いながらケアをしています。
顔にしわができると途端に年齢を感じる顔になってしまいます。
自分は大丈夫だなぁ、と油断していました。
テレビで昔からいるタレントさんを見ながら「この人も老けたなぁ」と感じたりしていましたが、同じ年月を経ている自分も同じだけ老けているのですよね・・・。
しかもきちんと手入れをしているタレントさんでこれなのだから、ルーチンワークの怠惰なスキンケアではどんどん老けていってしまうのかもしれない!と不安を感じるようになりました。
あまり過剰に肌を甘やかすようなスキンケアは良くないという情報もありましたが、今はとにかくもとのシワのない肌になってくれないかと出来る限りのことを肌に投入しています。
こういう気持ちがあると普段疎かにしていたケアを率先してやれるようになったりするので不思議です。
あーもっと早く気づいておけばよかったなぁ、と思わずにはいられません。

顔にできるシワやシミはこうすれば良くなる

顔にできるシワはイヤなものですね・・・。シワが一つあるだけで老けて見えます。顔に出るシミも困ったものだと思いますがシミは美容クリニックで消すことができます。レーザーを当ててあっという間に今まで何をしても取れなかったシミが取れてしまう時代です。顔のシミ取りだけじゃなく、身体のシミ取りもほくろも、老人になると出てくる肌のシミも、全て美容クリニックのレーザー施術でなんとかなります。

本当に良い時代になりました。健康保険が使えないからシミ取り施術は全額自腹ですが支払えないほどの高額料金ではありません。なんとか頑張れば支払える料金で今まで悩み続けたシミが消えるならもったいなくありません。きれいに消えなくても薄くなってくれれば顔の印象は変わります。濃い色のシミがあると顔はくすんで見えますしやはり年齢を感じさせます。疲れたような顔に見えてしまうんですよね・・・。

だからシミはない方がいい。そのために美容クリニックでレーザー施術を受けるのは良いことです。シミ取り施術は整形とは違います。これはプチ整形の類いではありません。シミ取りは顔のどこかを切ったり剥がしたり縫ったりしませんね・・・。健康保険は使えませんが、整形のイメージは捨ててきれいになるためにどんどん施術を受けると良いでしょう。

一方でシワはやっかいなんですよ。シミはなんとかなるにしてもシワを改善することは難しいのです。シワの代表は鼻のワキから出ている長~いほうれい線ですね・・・。長くて深いシワほうれい線を改善するためにはかなり努力が必要です。間違った方法を実践し続ければほうれい線はもっと長くもっと深いシワになってしまいます。

ほうれい線ができる原因は加齢が関係しています。誰もが年を取るのでほうれい線はできるのですが、若いうちからほうれい線ができている人は顔の筋肉が足りません。顔に筋肉がつくと肌がパンとはります。身体で考えてみると分かりますよね・・・。身体も筋肉をつけると、たとえばたるんだお尻が持ち上がったりお尻がぷりっとしませんか?ヒップアップトレーニングを重ねるとお尻に筋肉がつきお尻に丸みが出るのです。

お尻だけじゃありません。身体の他の部分だって筋肉を鍛えて良い筋肉を増やせばシワが消えてハリのある身体になれるのです。顔だって身体の一部・・・顔に筋肉をつけるように口を大きく開く練習をしたり、表情を豊かにするだけでほうれい線は薄くなるのです。

シミの悩みとケア方法について原因を考えてみよう

私は数年前から、頬や目元に出来てしまったシミがとても気になり悩んでいました。
思い返せば、10年ほど喫煙していたことや、日焼け対策を殆どしていなかったことが原因かもしれません。
うっすらしているものもありましたが、ファンデーションをつけても見えてしまうものもあり、インターネットでシミに効く食べ物、化粧品を調べては、買って試したりしていました。
ハイチオールなどのビタミン剤も継続して飲んでみたものの、体調は良くなるのですが直接皮膚に効いてる感じはなく、あとはもう、皮膚科に行ってレーザー治療を受けるか、高価なハイドロキノンなどの化粧品を試してみるか?など、色々と悩んでいました。

しかし、レーザー治療は皮膚を逆に痛めてしまう可能性があると口コミなどを読んでいると書いてありましたし、ハイドロキノンも良いものでは2万もするので、なかなか試す勇気が出ず、結局コンシーラーなどで隠したりして、どちらかと言うと直すよりは隠すほうに力を入れていた気がします。

しかし、数週間前に偶然、ヤーマンの美顔器を買ったことで、状況が少し変わってきました。

私は今年の秋に結婚式を控えており、シミのケアのためと言うよりは、肌全体の潤いや口元のたるみの改善のために美顔器を購入したのです。

ところが、2日に1度使用しはじめて、たるみ改善だけではなく、シミが薄くなってきている事に気がついたのです。

しかも、普通の茶色っぽいシミだけではありません。

成人後に急に右頬だけに出来ていた、赤い盛り上がりのあるシミにまで効果があり、段々と盛り上がった老人性のシミが小さくなってきたんです!

その美顔器は、自分が普段使っている化粧水を使うことができ、ラジオ波で肌を温めながら化粧水の浸透力を上げてくれる美顔器だったので、ハリを出すための保湿力の高い化粧水を使用すると共に、どうせならとビタミンCが含まれた化粧水も一緒に使っていました。

もしかしたら、美顔器を使う事によって、今まで以上に肌にビタミンCが届くようになり、シミに対して効果が出てきたのかもしれませんし、美顔器の機能にクレンジングでは落としきれない肌の汚れをイオンを使って落とす物があるので、それで毛穴の汚れを落とすことができ、ハリが生まれたことでシミが目立たなくなってきたのかもしれません。

今までずっと悩んでいたシミが、少しずつ薄くなっていくのは本当に嬉しいです。

美顔器は、シミだけでなく、シワやたるみにもとても効果があり、購入して大正解でした。

これからも使い続けて、シミの無い綺麗な素っぴん美肌を手に入れたいと思います!