Menu

colorclone公式~カラークローンちゃんのシミサプリ解説サイト

シミがあってもクリニックへ行けなくて

頬の高い部分にいくつかシミのようなものができたのは5年ほど前です。当時はまだシミなのか一時的な色素沈着なのかはっきりしたことは分かりませんでした。何となく色が変わっていてもそれが肌にできるシミなのかどうかまったく分からなかったのです・・・。

年齢から言えば顔にシミができてもおかしくありませんでした。それに私は車をよく運転するので顔の右側に紫外線を浴びることが多いのです。右ハンドルの車に乗っているので窓から入る紫外線は顔の右側に集中します。私の顔にできたシミは左側よりも右側のほうが多く色もはっきりしているのです。

積もり積もった紫外線の害が肌のシミとなって現れているのはなんとなく分かっていました。だけど車を使わない生活は考えられません・・・。田舎ではないですが車がないと不自由な地域に住んでいるので車を使わない生活はできないのです。

車を運転するときはしっかりメイクをして紫外線の影響が出ないように工夫をしています。ベースメイクはしっかりして、その分ポイントメイクは少なめ。メイクが完成したら大きめのマスクをして車の運転をしています。大きいサイズのマスクをすると目から下の部分が全て隠れます。見た目はちょっと怪しい人ですが背に腹は替えられません・・・。

きちっと紫外線対策をしているおかげか頬のシミが増えることはありません。右の頬のシミも左の頬のシミも数が増えていないのでそれには安心しています。紫外線対策を怠っていたら今頃私の頬はシミだらけになっていると思います。シミだらけの頬なんて残念なだけですからね・・・。鏡を見るのもイヤになるかもしれません。

初めは色素沈着で一時的なものだと思っていましたが、5年経った今でもシミの大きさは変わりません。少しシミの色が薄く変化した部分もあってそれは嬉しく思います。だけどそれはたまたまだと思いますし、今あるシミを消すためにはやはり美容皮膚科やクリニックへ行くしかないのでしょう・・・。よく聞くレーザー施術ですね。

レーザーを当ててシミを消す方法が1番確かです。経験したことはないけれど友人が何度か肌のシミ取りをクリニックでしました。ちょっと面倒くさいようですしお金も安くないそうで・・・。レーザー施術でシミが全くなくなれば良いですがその友人のシミはうっすらと残っているのです。だからでしょうか・・・私はまだ美容皮膚科やクリニックでシミ取り施術を受ける気持ちにならないのです。

コメントを残す